vio 脱毛

KIREIMO -キレイモ-

VIOラインの脱毛なら脱毛サロン「キレイモ」がおすすめ!

VIOとただ一言聞いただけではすぐに思いつく方とそうでない方がいらっしゃると思います。
言い方を変えて、Vゾーンと言われるとピンと来るということも多いでしょう。

Vラインはお腹の下辺りのビキニゾーン。
Iラインは性器周りのデリケートゾーン。
Oラインは肛門周囲となります。

露出の多い昨今の水着を着た時にこの辺りは大変気になる箇所になりますよね。
専用のトリマーグッズはありますが、場所が場所だけに、自分の目ではうまく見えないのも手入れの難点です。
無理に見ようとしたら、首や背中を痛めてしまいます。

下手にカミソリを使ったりして怪我をしても大変ですし、ただでさえ繊細な箇所ですから毛穴が感染する可能性も。

何より一見うまく行っても数日もすればチクチクイガイガとしてくるものです。
何でこんなに早く伸びてくるの!とイライラしている方も少なくないと思います。
しかし一本ずつ自力で抜いていくのも大変で、抜き残しがあった時のショックも。

このラインを脱毛するメリットは、まず蒸れにくくなり、汚れも取れやすくなります。
バスタイムがまず楽になります。

毛嚢炎というニキビのようなものなど、何らかの肌トラブルがあった時、また痒みが発生した時など病院でも診察がしやすくなります。

薬を塗らなければいけない時にも患部にきちんとした形で塗ることが出来ます。
出来れば病院のお世話にはなりたくないものですが、粘膜は他の肌よりも繊細に出来ていますからどうしても体調によって不快症状が出てきたり、思いもよらないことに見舞われることは避けられません。

生理中や生理が近い時にもトラブルが起きやすくなります。
サロンでいつ処置してもらうのかについても重要なポイントになってきますので、生理の周期は自分でメモなどして把握しておきましょう。

VIOラインに限らず、全身の肌がトラブルを起こしやすくなっていますから手入れには細心の注意を払うようにします。


このデリケートゾーンの手入れの方法に手軽なものとして、ブラジリアンワックスによる脱毛が知られています。

ワックスと言っても、水飴ですから自宅でも作ることが出来たり、失敗しても料理に使えたり、脱毛以外にもそこそこ役に立ったりします。

難点は脱毛にうまく使える硬さのワックスを家庭でムラなく作れるか。
そして、一気にベリッ!と剥がす勇気があるのか。
言ってみればかなり痛い方法で、範囲が広いとその部分はしばらく赤くなります。

キレイモでの手入れはこういったワックスではなく、特製のジェル。
肌にも優しい当たりのマイルドなジェルを使っての手入れと比較してみてはいかがでしょうか。
水着で恥ずかしい思いをしない為に、また適切な処理の方法を知るためにも一度キレイモのカウンセリングを受けてはいかがでしょうか。

KIREIMO -キレイモ-
 

サイトマップ